スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国しました。

11 18, 2010
バリ島にすっかり慣れて戻って来たため、、、

ご飯が、何か、合わない。

とりあえず、寒い。


熱っぽいです(バリだとおかずも少ないし抵抗力ないからみんなすぐ風邪惹くんですけど、私もよく風邪惹いてたので、、、、、、また風邪)

まず荷物を置きにおーちゃんのいる仕事場へ。

迎えの人「おーちゃんきっと玄関でお迎えしてるよー」
私「わーどうなってんだか楽しみー♪」

ガチャ。



私「!!!?」




絶句するくらいでかくなってて、何これ?! 違う生物じゃないの??! って感じでした。
でも中身はおーちゃんのまんまで、しきりにお話しながらあっちへすりすりこっちへすりすり。

せっちゃんはどうなってるかなあと思ったけど、おーちゃんよりはやっぱり小さくて少し安堵(笑)
せっちゃんはちょっとストレスで情緒不安定になってるらしく、時々しっぽに怯えています。
母が「もう! せっちゃんほっといて! 遊び不足だからいっぱい遊んでやりなさいよ!!」
と言うので、うおー!! と体当たりで襲いかかって行ったら

「何この怖い人!」 

と、ビビリモード。遊ぶ以外は近付いてきてくれません(苦笑
明け方、以前のように布団の方をじっと見ていたので、おいでーと布団を開いたら入ってきて2、3分おしゃぶり。まだ治ってなかったのねおしゃぶり。
ごろごろおしゃぶりしてそそくさと退散。

どうでもいいんだけど「せつー」と前のように呼んでも何の反応もないです。慣れてないからかなー。あと1年も呼べばまた慣れるかしら。
王子は以前は何て呼んでも反応して「絶対名前覚えてないだろお前!」って感じだったのが、ちゃんと「おーちゃん」で振り向く猫になっていたので感動しました。

まあそんな感じで。うーん、久しぶりにブログの写真見たけど、やっぱ2匹ともずいぶんでかくなったなあ!
スポンサーサイト
4 CommentsPosted in

バリのにゃんこ。

10 03, 2010
バリで住んでるアパートの住人がネコを拾ってきました。
小さい猫のみゃあみゃあという声が四六時中響いてるのを気にしつつ・・・ドキドキしていたのですが、
ある日うちに遊びに来てくれました。

DSCN1576.jpg

水を飲ませて排泄させ、ついでに洗って布団を作って寝かせてやると
後ろをひよこのようについてくるようになり部屋から全く出ようとしないネコに。

なんだかまるでおーちゃんの女の子バージョン。
ごろごろすりすりくっついて離れなかったので可愛かったです。
2日くらいうちにいて女王気分を味わって
元の飼い主の少年の元に連行されていきました(笑)
見てると、「ネコが子供嫌い」って言われるのが分かるなあ・・・なんてやっぱりひやひやしつつ。

最初部屋にきたときひょこひょこしてたのは排泄しないせいでお腹が出すぎていたのか
ご飯あげてうんこ出してやった次の日は昨日のネコと同じネコか?!
ってくらい元気に動き回っていました。
今度時間があれば動画も載せますねー。


DSCN1606.jpg
DSCN1628.jpg
4 CommentsPosted in

バリからこんにちは。

08 04, 2010
飼い主がバリに来て1ヵ月ちょっとが過ぎました。
最初は仕事もお金もなく、なかなかきつかったんですが
やっと仕事も出てきて精神的に落ち着いてきました。

王子は日本の仕事先の人に預かってもらい
雪は母が面倒を見ています。
どっちも愛情不足! って顔をしていたので
今は1匹ずつで相手をしてもらってどっちも満足そうに見えます。
せっちゃんの豹変振りはなかなかすごいです。

日本はすごく暑いみたいですが、バリは時々寒いといってもいいくらい涼しいです。
セツは氷水を飲みクーラーと冷房と冷却シートを駆使して涼を取っているそうですが、、、
現代ネコめ。

setsu.jpg


おーちゃんは預け先の人に「うー暑いよー」と言われながら
僕はくっついたまま離れないぞ! な勢いでベタッとくっついたまま寝てるようです。

oji.jpg

1 CommentsPosted in

別居中2匹のそれぞれ

06 23, 2010
セツ子はおーちゃんがいなかった頃に逆戻り。
自分が2ヶ月くらいだった頃と同じ感覚で紐にじゃれつくので
(おーちゃんがいると全く遊ばないセツ)
イスにどかん! 机にばたん! 飛び上がって頭ぶつけ顎を打ち

「だ、大丈夫か?」

と心配になるようなアクロバティックでゼェゼェ言いながら遊んでます。

0623001.jpg
「あたちの獲物っ!!(バッ)」

0623002.jpg
「次は? 次次っ!(ドキドキ)」

目をカッと開いて色んな所を行ったり来たり。
友達が「男の子みたいだねー」と言ってました。
おーちゃんが来るまでは男の子にしか見られたことなかったもんねー
なんてしみじみ。

しこたま遊んで散歩して、せっちゃん先導で家を歩き回り
それでもニャアニャア言うのはもう無視して(何が言いたいんだか分からないので)
放っておくと、、、

0623003.jpg
「Z・・・」

お姉さんという肩の荷が下りて何だか明らかにリラックスしてますね。


一方おーちゃん。
預け先から電話があって
「おーちゃんが! おーちゃんが!」
と言うので、まさかと思うけど何かあったのか?! と思ったら
「3年前からうちにいましたって顔して誰よりもリラックスしてるよ!!」

じゃあ電話かけてくんなよ!(笑) と思いつつ、
まあそんなことだろうと思って次の日いくと、、、

「おーちゃーん(←私」
「・・・(シーン)」
「(奥から)ほらおーちゃん、お母さんきたよ」
たぶんおーちゃんを押しやってる音とおーちゃんの不満の声
いやそーな顔しながら
「誰だこいつ」って顔して出てきました。
想像通りすぎる(笑)

0623004.jpg
「おう、俺と紐で遊ぶか?(ずるずる)」

0623005.jpg
「まあきたねえとこだけどよ、座れや」

なんかこいつえらそー(笑)
明らかに一人称がボクから俺に変わったよねとみんなで談笑。

0623006.jpg
鼻くそ取り中。

0623007.jpg
「何をするっ!(ガブッ!)」

おーちゃんの噛み癖はなんとかならないのかと聞かれたので
いつも家でやっているお説教&お仕置きを実演してみせると

「俺たちにはちょっとできないかもしれない」

と言われてしまいました(笑)
帰宅時も玄関まではくるものの「ボクはここから先はいかない」って顔して
玄関にある餌場より先には出てきませんでしたね。
マンションの1階まで降りてもまだ聞こえるくらい泣き叫んでたせっちゃんとはまるで別の生き物のようだ(笑)


あとはせっちゃんが王子がいると
遊ばない&鳴かないで大人しいのに
王子がいないと
遊びたがる&うるさいで
母が辟易してしまい、王子を戻してきて!
という状態でどうしようかなーって感じです。

夜の運動会とか激しいらしいんですが
私は蹴られようと殴られようと爪で肌がぱっくり避けようと
寝ると全く起きないので、1匹でもうるさいのか2匹だと静かなのか
全く判断がつかないんですよね。
どっちでも静かだし寝る前と寝起きはみんなベッドの中に私と一緒に寝てるので。
私的にはみんな静かで超良い子なんですけど(笑)

どうするのか1番幸せなんですかね。ねえせっちゃん。
3 CommentsPosted in

来週からバリです。

06 20, 2010
のにバタバタと仕事が増え、毎日家に帰る時間がなかったので3、4日猫連れで仕事場に泊まり込みました。

0620001.jpg
「お出かけしようぜ、お出かけ」

おっちらほっちら鞄に2匹を詰めて電車で片道90分(笑)

0620002.jpg
「あたちもう無理・・・(バタン)」

0620003.jpg
「ボクもー(くぴーぶるるる・・・)」

0620004.jpg
せっちゃんはあっちでぐったりこっちでぐったり。(アクビ中)

0620005.jpg
おーちゃんはあっちでごろごろこっちでごろごろ。(毛繕い中)

0620006.jpg
「ボクってば超幸せ」

0620007.jpg
「あたち早く帰りたい」(←1日の大半はトイレにいる)

対照的な日々を過ごしていました。

仕事先の人がおーちゃんに惚れ込んで「おーちゃんーうちの子になりなよー」と毎日呟いてたので、半年間おーちゃんを預かってもらうことにしました!
息もぴったりで仲良く会話してました。
おーちゃんもご機嫌で、今日はせっちゃんだけうちに帰ってきたのですが、向こうでも普段通りにゴロゴロやってるようです。

仕事場修羅場前↓
062010.jpg

ズームイン↓
0620008.jpg
0620009.jpg
猫も人もいっぱいいると楽しいね。
2 CommentsPosted in
プロフィール

ことんじょ

Author:ことんじょ
このブログを書いているヒト。



雪(セツ)
群馬の山奥で捨てられるところだったネコ。お嬢。9月11日生まれ。



王子(オウジ)
名古屋の道ばたで瀕死のところを助けられたネコ。僕弟ですから。という顔をいつもしている。



ミルクおばさん
祖母の家のネコ。6歳。シャーとフーが得意。ゴムを食い殺すのに夢中。



★ランキング微参加中★


バナー

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。