スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶暴化するネコたち。

10 22, 2009
 じー・・・
P1010024_20091022124231.jpg

この顔で眺めて来るとき、眺め返してやると
「おっ遊んでもらえそうだな」
と、のそのそあくびしながら出てくる。


 ちー・・・らっ?
P1010081_20091022124454.jpg

こちらのネコは「遊んでほしいのかな?」と、近付いて行くと
「プシャー!!」と臭い息を吐きかけてきたあげく、ガクガク震えだす。


うちの家族はみんなネコ好きだが、うちにいるネコはみんなネコらしくない。
じゃあ私の中のネコ像はというと、、、15年前にさかのぼります(笑)


・ + * + ・ + * + ・ + * + ・ + * + ・ + *


m204_2.jpg


突然ですが、私がネコに特別な思い入れを持ったのは小学2年生のときです。
当時は学校にも家にも居場所がなく、毎日学校帰りに何時間も近所の公園で泣いていました。

その公園にはネコがたくさんいて、子ネコや親ネコがいつもうろついていました。
子ネコたちを膝に乗せてまどろみ、親ネコも足下でくつろいでくれて、5時のチャイムが鳴るまでベンチの上で過ごしていました。

その中でも、私が泣いていると必ず頬を舐めにやってきて、私が泣きやむまでひたすら一緒にいてくれた大きなネコがいました。

泥だらけのバサバサ毛、大きな傷のついた顔。
私は泣いてるだけなのに、ゴロゴロとずっと気持ち良さそうに喉を鳴らして、コートをふみふみしていたネコ。今思うと元飼い猫だったのかもしれません。

あの大きさや感触を、まだよく覚えています。
溢れる涙が地面に落ちる前に、拾い上げるように必死に舐めてくれた舌の感触を思い出します。


ネコブログを読むようになって、野良ネコなどの話しもよく見かけるようになりました。
あのとき、私は救われていたけど、そのあと、ネコは毒殺されてしまった。

私に居場所をくれたのは、ネコだけだったのに。もう1度会いたい。ぎゅってしたい。泣いてばっかりでごめんねって言いたい。私にとってかけがえのないネコでした。短い間でも。


だから私は、実は子ネコより成ネコが好きだったりします。
でもセツも、こんな小さいのに、私が泣いてると寄り添ってペロペロ舐めてくれたりするし、どこまでもくっついてきてくれる。
ぼーっとしてれば膝にちょこんと乗ってるし、興奮しなければやさしい甘噛みもできるようになった。

うれしいね。


あのおっきいネコみたいに、やさしくなれよ。



ありがとうございます*

バナー

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
10 CommentsPosted in
-10 Comments
By YUMIKO10 22, 2009 - URL [ edit ]

ことんじょさんには猫ちゃんに対する
深い思いがあるのですね。

高校生の彼女にも何か事情があるようですが
うるさく言われるのも
愛情があるからだと気づいて欲しいですね。
彼女も茶色の子猫ちゃんも幸せに
なってくれるといいですね。


みるくおばさんの姿みたら
みんな笑顔になれそう。
なんてほのぼのしてるの?
触ったらもふもふして
気持ちよさそう!!!(笑)
雪ちゃんのかわいさも
たまらないし

猫にゃんに癒されます


By ひー。10 22, 2009 - URL [ edit ]

電車の中で号泣中。
そんな優しい成猫ちゃんがいたなんて
その子が毒殺なんて
ううぅぅっ
きっと、その子はコトンジョさんを守ってくれてますよ。せっちゃんが生まれ変わりかもしれません。
大切にしてくださいね。

By harumaki10 22, 2009 - URL [ edit ]

ネコは不思議ですよね、まるで人の心の襞が分るよう
常に寄り添い、必要の無い時は無関心を装う
その距離感の絶妙さ加減が、魅力のひとつですね

その大きなネコちゃんは、これまでもこれからも
ことんじょさんを、見守ってくれてますよ。。。

By ぽて魂10 23, 2009 - URL [ edit ]

ねこは一見気ままにみえるけど
本当は人の気持ちをわかってくれるし
とっても優しいんだよね。
そうじゃない子もいるけど
そういう子は優しくされたことがないんだね。
それもすごく悲しい。

おいらも
「ぽて」っていうねこに
本当に精神的に助けてもらったよ。

雪ちゃんは
とこんじょちゃんと
一緒にいるために、
一緒に生きるために生まれてきたんだね。

By ももやま10 24, 2009 - URLedit ]

読んでてうるうるしてしまいました…やっぱりネコって、人の悲しい気持ちが分かるんでしょうね。

コトンジョさんが一生懸命育てているから、雪ちゃんもきっとその大きいネコちゃんみたいなやさしいネコになりますよ!

By コトンジョ10 25, 2009 - URLedit ]

■YUMIKOさん
今思うと、小学生の頃は人間よりも動物の側にばかりいました。
でも猫は特別、、、周りに数がすごく多かったですね。人より全然多かったです(笑)

高校生の子は、周りに誰もいなくならないと気付かないんだろうなあと思いつつ。周りにできるのはそれだけっていう、なんだか変な感じにとらわれています(^^;
広く浅くの社会から狭く深くの社会に変化してきたってことなんでしょうかね。

ミルクおばさんは、、、ノーコメントで!(笑)
母にメールしたらYUMIKOさんのコメント見に家へやってきました(6▽6;)
弟曰く「セツは俺らを癒してくれるけど、ミルクは俺らに癒されるためにいるよね」だそうです。的を得すぎてこれ以上何も言えないです。ぷくく。
いつか、もふもふね~なんてできるほど丸くなってくれるといいんですけどね♪

By コトンジョ10 25, 2009 - URLedit ]

■ひーさん。
全然考えていませんでしたが、生まれ変わり、かもしれませんよね。目も見えないくせに一心不乱に私の肩に登ってきた今の1/3だったセツを思い出します。
そう思うと不思議な気がしますね。
あの頃は名前もなかった成猫が、今はセツという名の子猫なのかもしれません(^^

By コトンジョ10 25, 2009 - URLedit ]

■harumakiさん
まさにそうですね。全然気ままなんかじゃなくて、すごく気配り上手。
猫に勝手なこと言ってる友達に「空気読めないのはあんたでしょ!」って何度か言ったことがあります(笑)
成猫のことは、ずっと心にとっかかっていたのですが、コメント頂けてそうかあと納得できるようになってきました(^^
やりようのない気持ちも、巡り巡って一緒にいてくれるって思うと、すごく力強く思えますね。

By コトンジョ10 25, 2009 - URLedit ]

■ぽて魂さん
基本的には、向こうがこっちに関心を持ってないと私も関心を持たないから、そうじゃない子っていうのにあまり接触したことがないんだけれど。
人と同じようなもんだなあって思う。子供と一緒かな。
今日もセツと遊んでたけど、人間の子供と遊ぶのと同じことしてもやる気になっている。(笑)
ぽて魂さんのHNはそういう由来なんだね。
なんとなく、命はまわってまわって循環してるんだなあと思いました。人間は猫を助けることなんか、できない。同じ土俵では生きてないから。と、私の師匠が言っていました。猫はもっと、神様に近いところにいるんだって。
だから猫は死ぬ回数が増えるほど、幸せになっていく。その過程で人が猫に優しくしてあげた分、神様になった猫は人を守ってくれる。そう、人は勝手に考えたようです。

By コトンジョ10 25, 2009 - URLedit ]

■ももやまさん
何度も間違えて間違えて、教育的にこんなに酷いことをしてるのに真っ直ぐ育ってくれているセツに毎日感動です(^^
やさしい子になってほしい。なんかおばあちゃんな気持ちですね(笑)

ユメのない言い方をしてしまえば、猫は塩分が好きだったり流れてく水を舐めるのが好きだったり、生態的なものもあると思います。結局は自分の考え方、自分がどう生きていくか。っていう中に、猫がどう影響してくるのかって話しになっちゃうんでしょうね。
私は神様はいるって思うから。猫との触れ合いも神様との触れ合いなんだって思ってます(^^


私自身は無宗教なのに宗教チックになってしまいました(汗)

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

ことんじょ

Author:ことんじょ
このブログを書いているヒト。



雪(セツ)
群馬の山奥で捨てられるところだったネコ。お嬢。9月11日生まれ。



王子(オウジ)
名古屋の道ばたで瀕死のところを助けられたネコ。僕弟ですから。という顔をいつもしている。



ミルクおばさん
祖母の家のネコ。6歳。シャーとフーが得意。ゴムを食い殺すのに夢中。



★ランキング微参加中★


バナー

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。