スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてもセツが気になる。

12 06, 2009
王子が来た日からずっと気になって気になって
気になっても仕方ないしすぐ慣れるかなと思って放っておいたけど
・・・やっぱり気になる。

000224.jpg


王子が来たばかりの頃から
襲われては逃げてを繰り返して
傍目には嫌そうだったセツ。
今は、更に酷い・・・。

王子がちょっとでも近付こうものなら
「嫌だなー」って顔して逃げていきます・・・。
もちろん王子がふっかけたのを受けて数秒取っ組み合ってたりもしますが
本当に、全然、楽しそうではない。
あんまり王子に触れたくないんじゃないかとか思うときさえいっぱいある。
人間の勝手な見方ではあるんですけど。

せっちゃんまだ子猫なのに。
全然遊ばなくなっちゃったし
全然ベタベタしてくれなくなっちゃったし
何だかいつも遠くでぼうっとした顔でこちらを眺めています。

0-01.jpg


王子が膝乗り猫なので、座っているとすぐに膝を占領されてしまうのですが
こちらから見える見えない関わらず
セツはじっとこちらの方を見ているようです。

「せっちゃん」と声をかけると、肉球をチュパチュパやり始め
自分の世界にこもってしまいます。
(最近の写真、王子と写ってるのはほとんど
セツが殻に閉じこもってるのを王子がとらえて喧嘩ふっかける寸前だったりします)

可哀想になって、側に行ってもすぐイヤって離れますが
それを取っ捕まえて側に寄せると
まるで子供が泣くみたいに身体をこちらにぐいぐい押し付けながら
チュパチュパとやっています。
時間のあるときは、となりに座ってあげているとチュパチュパしながらにじり寄ってきます。

0-02.jpg

いつも何か言いたそうにこちらを見ている目がすごく切なくて
心配になります。
トイレに入ると、ここは安全と思っているのか膝に乗ってきてゴロゴロこちらを見つめたり
ほとんどゴロゴロ言わなかった子が、最近は近付いただけでゴロゴロ。そしてチュパチュパ・・・。
あんなに来て来てって鳴きわめいて跳ね回っていた子が、
私が近寄ったとき切なそうに「ニャァアン」と鳴いて諦めたようにうずまってしまうのを見ていると

そんな急に大人になんなくたっていいんだよって思って、何か涙が出てしまいます。

10036.jpg

遊んでいても、2人だけのときはセツもすこし嬉しそうにしてるのですが
王子がくるとすぐに離れてしまいます。
なるべく2人の時間を作って甘えさせてあげたいんだけど
それでも、、、足りないよね。
(今も王子は膝に。セツは窓際からじっとこちらを見ています)

1055.jpg
(近寄ると「えっ?」て顔してこちらを見るセツ)


ベッドに入ればセツも嬉しそうに一緒に寝てたのに
最近は「入りたいけど・・・」とベッドの側でこちらを伺っています。
ときどき隣りにきますが、
朝起きると、夜セツがいたところに、同じ体勢で王子がいたりして。
セツは夜「入りたいけど」って立ちすくんでいたところで、またこっちを見ていたりして。
何だか私がショックを受けたり・・・しています。

せっちゃんがニャアニャアって嬉しそうに迎えてくれるから頑張れるのに
そんな遠くからじっと見つめないでほしい・・・。
せっちゃんがどんどんいなくなってくみたいで寂しい。

0042.jpg


もちろんセツから王子に喧嘩ふっかけるときもあるし
2匹で温かい所でゴロゴロしてることもあるけれど
ホッとするより、可哀想になっちゃうことが多くて
というか私がしんどくて、ちょっと荒れ気味です・・・。

もう前みたいに甘えてはくれないのかな・・・。


2551.jpg20091204152436.jpg
(安心して膝の上で寝てるせっちゃん)


こんなこと考えてたら2匹にもよくないな! と思って
両方とわしわし遊んでるんですが、なんともうまくいかんにゃあ。
スポンサーサイト
8 CommentsPosted in
-8 Comments
By ニャンコ12 07, 2009 - URL [ edit ]

コトンジョさんコンニチハ。
セツちゃん、そんなに気になるなら、
セツコ再優先作戦!
はいかがかな?
我家も多頭飼いなので、膝の奪い合いや、お互いソリが合わない猫たちも居るのですが…絶対に曲げないのは先住猫(セッちゃん)の再優先です。
ニャンコは帰宅したら名前を1時初めに呼び、君が1番だよと自覚させ、暖かい特等席は彼以外には使わせません。
それを続けてたら、かなり安心してまた甘えるようになりましたよ。
王子も小さいから大変でしょうが、よろしければお試しくださいね。

By ひー。12 07, 2009 - URLedit ]

せっちゃん、目が本当に悲しそう・・・
ママを取られちゃったって思ってるのかな。
いっぱいいっぱい話しかけてあげてくださいね。
コトンジョさん、がんばれ!!!

ご飯の件は、貴重なコメントありがとうございました。本当に助かります。
他人猫にも優しいコトンジョさんなら、きっと王子もせっちゃんもわかってくれるはず。こんなに愛情たっぷりの人だもの。
応援してます。

By コトンジョ12 07, 2009 - URLedit ]

ニャンコさん
おお!なるほど。
やっぱり先住猫はヘソを曲げちゃうんですね!
今王子が膝の上にいて、セツが乗りたそうに何度も何度も膝の上をぴょんぴょんしていくのを無理矢理乗せても乗らずどうしようと思ってたのですが、王子を1番良い位置からのけると、セツが大人しくそこでくつろぎ始めました! おおお!
王子がそこが僕の場所だー! とセツを攻撃してくるので、説教して怒りまくってしまいましたが、、、至仕方無し。あまりに反抗的なので床に放り投げたら飯食って戻ってきました。強い。
せっちゃんもでも気持ち良さそうに王子が怒られてるのを見てます笑
今までいつ王子の奇襲があるか分からず、飼い主も守ってくれずでセツも不安だったんだろうと分かりました。
王子の標的が私になって、社会性や噛みの強さ等直接叩き込む機会も増えそうでよかったです(^^
今は2匹とも良い顔して寝てます!こんな光景が見れる日がくるとは思いませんでした!笑
書いた事を少し後悔していたのですが、良いアドバイスをありがとうございます(^^

By コトンジョ12 07, 2009 - URLedit ]

■ひー。さん
ご飯の事、いっぱい書いちゃって分かり辛かったですよね、すみません!汗
飼い主の考え方が第一なので、色々調べてみてください♪
私はセツが赤ちゃんのとき、獣医に缶詰なら何をあげてもいいと言われ、よく食べる好きそうなものをあげていたらセツが病気になりかけたことがあって、そこから注意するようになりました(^^;
匂いの強い嗜好的猫缶はファーストフードと呼んで週に1缶くらいは食べさせてます☆

私元々話しかけるのが苦手で、猫にもあんまりしゃべりかけてなくて(良いこと、悪い事や、誉めたり猫のおしゃべりに頷いたりはしてるんですが)、いつも目をじっと見てどうしたいか聞いてたのに、最近悲しそうな光のない目で訴えてくる物が、実際にどうすればいいものか分からなくて、セツにずいぶん寂しい思いをさせてしまいました。汗
愛があれば!と思ってたけど、ルールは大事ですね!! 色々勉強になります♪ どうもありがとうです! 私もひー。さんのこと応援してます!心の中ではいつもひーちゃんです!!笑
いつも苦しくなっちゃってコメントできなくて、ごめんね。チョコちゃんと、がんばってね!

By YUMIKO12 07, 2009 - URL [ edit ]

コトンジョさん こんにちは~

2にゃんなかなかうまくいかないもんですね。
人間でもネコや犬でも
要領のいいの悪いのってあるのかな?
他の人も書いてましたが
やっぱりルールは必要ですね。
同じようにかわいいけど
優先順位つけないと難しそうですね。

まだまだ同居生活始まったばかりです。
先は長いので気長にあせらないで下さいね~
コトンジョさん悩み過ぎないで!!!

By harumaki12 08, 2009 - URL [ edit ]

ことんじょさんの気持ちというか、何というか…
『状況が全く同じ』という程ではありませんが
昔我家も同じような雰囲気でした。
だから、何となく少しだけ分るような気がします。

うちの場合は、途中でひとりが力尽きてしまったため
ふたりの相性の最終型を見届ける事は出来ませんでしたが

何にしても相性というのはあるものですよね
これが、言葉をしゃべれない子達のことなので
ホントにちょっとしたことでも気に掛りますね…;

By コトンジョ12 08, 2009 - URLedit ]

■YUMIKOさん
私にも弟がいて、ずっと嫌で嫌で仕方なくて、せっちゃん見てたらそれ思い出したりして(笑)
まあ兄弟っていうのは憎しみ合うように出来ているようですね。(ぇ)
セツも王子が来てから「あ、甘えたいときは自分からいくんだ」って分かったようで、積極的に近くに来てくれるようになったのでうれしいです(^^
私にぴとっとくっついて「どうよ」と王子に見せつけて、王子が興味なさそうなのに「あれ?」ってなってたり。
優先順位を付けるなんて可哀想だなあと思ったのですが、位置を付けて双方同じように苦しい思いと楽しい思いを味わわせてあげないと、どっちも欲しいだけあげるっていうのは無理なんですね。
そういう猫なんだって放っておく前に糸口が見付かって本当によかったです!
どうもありがとうございます(^^

By コトンジョ12 08, 2009 - URLedit ]

■harumakiさん
人間語をしゃべれない上に両方とも猫語すら分からない同士・・・。
人間のルールも猫のルールも、何も知らないから、私が作って教えてあげるしかないんですよね。勝手に作るだろうと思ったけど、やっぱりそれは可哀想過ぎて見てられませんでした(汗)
半年後、1年後、2年後・・・2匹がどんな風になっているのか楽しみです(^^
その気持ち分かりますよって、私はすごく言われたかったんだと思います。私が選んだことで、猫に強いてるのは私で、それなのに弱音吐くのはおかしいって声が聞こえて、でも私がどう思おうが何んだろうが、2匹が楽しそうにしてくれる策を見付けるのが最優先ですね!
ありがとうございます。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

ことんじょ

Author:ことんじょ
このブログを書いているヒト。



雪(セツ)
群馬の山奥で捨てられるところだったネコ。お嬢。9月11日生まれ。



王子(オウジ)
名古屋の道ばたで瀕死のところを助けられたネコ。僕弟ですから。という顔をいつもしている。



ミルクおばさん
祖母の家のネコ。6歳。シャーとフーが得意。ゴムを食い殺すのに夢中。



★ランキング微参加中★


バナー

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。